【第4回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
『物件情報・メーカー情報を収集する』

ハウジング・ナビゲーター 亀岡 章
プロフィール

失敗しない家づくりの最大のポイントは信頼できる担当者・業者選びが最も重要です。
安かろう、広かろうだけで選ぶと失敗する危険が大きくなります。
情報を収集する手段として、新聞広告・折り込みチラシ・住宅情報誌・インターネット等々さまざまですが、やはり目で見て体感できる住宅展示場は、安心できる情報収集の1つです。失敗しない家づくりをする為にも、数多くの物件や現場を見て足を運び、たくさんの担当者と話しをして、自分の相性の合った誠実で経験豊かな営業担当者を見つける事が早道です。
そこで、情報収集をする時のポイントを下記にまとめました。

  1. 必ず物件・現場を見る事。
    (事前に聴く内容をまとめておく事)
    (契約前・打合せ時・工事中・入居後)
  2. 住んでいる人の評判を聴く事。
    (事前に聴く内容をまとめておく事)
    (契約前・打合せ時・工事中・入居後)
  3. 周辺環境を確認する事。
    (交通・病院・学校・買い物等々)
  4. 本当に住める間取りかどうか生活感を出して見る事。
    (収納スペースや手持ち家具がおけるスペースをチェック)
  5. 信頼できる相談相手にも意見を聴く事。
    (冷静に意見を聴いてアドバイスを受ける事が重要)
  6. 極端に安い物件・広い物件は要注意です。
    (安物買いの銭失いには、くれぐれも注意が必要)