【第111回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
マイホームを購入するタイミングは今!?

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

今年は昨年4月より施行された消費税増税の反動により、住宅市場は戸建て・マンションを中心に冷え込みました。国は景気支援策として、住宅エコポイントやフラット35sなどの金利引き下げ等の経済対策で住宅市場を支援しています。

人気エリアの地価は上昇し、マンションなどの工期の長い建物は人件費や資材費の高騰で価格がバブル期並みに上昇しています。つまり、不動産・住宅市場には一定の周期性(マーケット・サイクル)があるのです。

不動産バブルのピークが下がり始めたのが1993年頃から。1985年〜1992年ごろに購入した方は、マイホームを高値づかみしている方が殆どです。 過去40年間で住宅投資は約900兆円もの投資をしてきましたが、住宅の資産価値は約400兆円の価値で推移しており、増えていません。 不動産マーケット・サイクルには“上がっても、やがてまた下がる”ことを念頭に焦らず、将来を見据えて購入時期を見極めることが重要です。

あなたの住宅購入適齢期は、不動産マーケット・サイクルのどのあたりでしょうか?

そろそろお金を住まいに換えて
『資産防衛』をする時期です!

週末の土・日には、家族そろって利用価値の高い土地や
資産価値の高い住まいを体感しましょう。

住宅展示場には
利用価値のある優良土地物件や
高齢社会に対応した資産価値の高い
住宅を数多く展示しています。
あなたの気に入ったメーカーの
誠実な担当者に聞いてみましょう。