【第125回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
暑い時こそ考えよう省エネ住宅性能!

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

◎『BELS(ベルス)』表示制度 
昨年のパリ協定で日本は、2030年までに家庭部門の温暖化ガスを2013年度比約39%削減する目標を上げました。これに伴い、今年の4月から『BELS(ベルス)』と呼ばれる制度が設けられました。
この制度は、住まいの省エネ性能をの数などでラベルに表示しており、最も省エネ性能の優れた住宅は五つ星が表示されます。言い換えれば、住まいの “燃費性能”を表す制度なのです。
『BELS(ベルス)』を取得していると、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス ※略称:ゼッチ)の建築費補助金申請の際に優遇されます。
夏も冬も快適な住まいにするためには、『BELS』『ZEH』は重要なキーワードです。

BELS(ベルス)とは

Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略称であり、新築・既存の建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認証する制度です。性能に応じて5段階で★表示がされます。

各★の設計BEIの水準
BELSの表示プレート

モデルハウスを見学の際は、
今話題のBELSについて是非相談してください。