【第127回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
さぁ、秋だ! 展示場へ行こう!!

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

今から約40年前に誕生した住宅展示場。全国に約340ヶ所ある住宅展示場は、実際に部屋の広さや空間が体感できる『住まいの教科書』と言えます。図面や写真、模型だけでは分かりにくい色や手触り、質感・生活動線などの使い勝手を自分の目で確かめながら複数のモデルハウスを比較検討できます。それから、何と言っても住まいづくりで不安な資金相談や工法の違い、最新トレンドの地震対策やエネルギー消費対策など、豊富な知識や実績のある誠実な営業担当者が対応してくれるのも魅力の一つです。

実際に住宅展示場に来場された方の約50%以上の方が2年以内に購入されており、平均5回以上展示場を訪問されています。  

金利・税制・価格・市場において今年は好条件が揃っています。さぁ、家族みんなで住宅展示場に足を運んでみましょう。

■展示場見学のポイント5ヶ条
1 事前にホームページ等で出展メーカーの特徴を見ておく。
2 気になるメーカーでは住まいづくりのプロセスをしっかり聞く。
3 営業担当者の対応を確認する為にも質問する内容を統一して投げかけてみる。
そして、プロフィールや名刺をもらって再度訪問。
4 住宅展示場の仕様を確認する。(工法・断熱レベルも忘れずに)
5 一番多くお世話している建物の大きさと標準仕様を確認する。
(長期優良・性能表示の実績も忘れずに)

住宅展示場で親身になってくれる相談員を探そう!!

10月は住宅月間です。