【第128回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
住宅ストック循環支援事業始まる!!

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

鳥取地震の被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

この事業は平成28年8月2日に閣議決定された「未来への投資を実現する経済対策」に盛り込まれ、10月11日に平成28年度第二次補正予算の成立により実施が決定されました。

事業の内容としては、[1]若者(40歳未満)が良質な既存住宅を購入 [2]省エネ性を向上させるリフォーム [3]エコ住宅への建替え(注文)に対して国がその費用の一部を補助する支援事業です。

皆さんニュースの報道でご存知でしょうが、10月21日午後2時7分頃、鳥取県中部で震度6弱(マグニチュード6.6)の地震が発生しました。同県4市町(倉吉市・湯梨浜町・北栄町・三朝町)の1,278棟を調査した結果、47棟は立ち入りが危険、287棟は要注意と判定されました。(10月24日時点) 

今年も4月の熊本大地震・9月の北海道の水害そして10月の鳥取地震と大きな災害が起きています。こうした災害は地球の温暖化とも関連性が高いと言われています。今回の支援事業で安心・安全・快適な住まいを実現しましょう。  


住宅ストック循環支援事業

〜エコ住宅への建替え(注文)に対する支援〜

1.要件

次の要件をすべて満たす住宅の建替えが対象

2.補助の概要

補助対象と補助額

3.申請期限等

建築工事着手 予算成立日と事業者登録を行った日のいずれか遅い日以降
建築工事完了 上記の建築工事着手日〜遅くとも平成29年12月31日(予定)
事業者登録 平成28年11月1日(予定)〜平成29年3月31日
補助金交付申請 平成29年1月18日(予定)〜遅くとも平成29年6月30日(予定)
解体・減失登記 予算成立日の1年前の翌日〜遅くとも平成29年12月31日(予定)まで
※解体工事の請負契約は交付申請期限まで
完了報告 遅くとも平成29年12月31日(予定)まで

※国交省(住宅局)WEBサイトより

詳しくはモデルハウスの営業担当者に聞いてみよう!!