【第136回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
モデルハウスの見方

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

長く住み継ぐ住まいを実現する為に、ほとんどの方が住宅展示場のモデルハウスを見学されると思います。しかし、「何をどう見たらいいのか・・・。」そんな方の為に、モデルハウスのチェックポイントを整理しました。
それぞれの住宅メーカーが様々な提案や工夫を盛り込み、作りあげたモデルハウス。その素敵な空間を楽しみながら、見るべき所は見て、使えるものは実際に動かして、あなたの家づくり、家選びにしっかり役立てましょう。

■モデルハウス見学の心得『10か条』
1 モデルハウスとは、「空間を体感」し、「情報を収集」する場所と心得る
2 見るだけ」といっても、事前の準備はそれなりに
3 モデルハウスは、まず全体をひと通り見て、次に細かくチェック
4 モデルハウスを見る時は、自分たちの生活シーンを具体的にイメージしながら
5 モデルハウスは、その会社が建てた住宅の一例であることを忘れずに
6 モデルハウスには、色々な演出やオプションがあることを意識して
7 室内や外観などの見える部分ばかりでなく、構造などもしっかり確認
8 建築予定の土地があれば、その広さもイメージしながら見学する
9 展示場全体の雰囲気や係員の態度にも注目
10 帰りには、「ありがとう」のひと言を

さぁ、モデルハウスで体感して情報を収集しましょう!