【第144回】 〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜 長期優良住宅認定制度

別ウィンドウ表示 ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章 プロフィール

長期優良住宅認定制度は、2009年(平成21年)6月4日に施行され、2016年(平成28年)12月末現在で、約78万戸が認定を受けています。(実績数は新築と増築・改築の合計。平成28年4月から既存住宅の増築・改築を対象とした認定も開始しています。)

新築される一戸建て住宅の4戸に1戸は、長期優良住宅の認定を取得しています。これからマイホームを取得しようと検討されている方は、長期優良住宅のメリットを確認して安心・快適な住まいに暮らしましょう!!

長期優良住宅(新築)のメリット
住宅ローンの
金利引き下げ
フラット35sAタイプ(当初10年間・年0.25%引き下げ)

フラット50 (償還期間の上限が50年間。住宅売却の際に、購入者へ住宅ローンを引き継ぐことが可能。)
住宅ローン減税の
限度額の引き上げ
控除対象限度額4,000万円 ⇒ 5,000万円
(控除率1.0%、控除期間10年間、最大控除額500万円)
投資型減税 標準的な性能強化費用相当額(上限650万円)の10%を
その年の所得税額から控除
(住宅ローン減税との併用は不可)
登録免許税率の引下げ ・保存登記 0.15% ⇒ 0.1%
・移転登記(戸建て)0.3%  ⇒ 0.2%
     (マンション)0.3%  ⇒ 0.1%
不動産取得税
控除額の増額
控除額1,200万円 ⇒ 1,300万円
固定資産税減税措置
(1/2減額)
適用期間の延長
・戸建て 1〜3年間 ⇒ 1〜5年間
・マンション 1〜5年間 ⇒ 1〜7年間
地震保険料の割引 ・耐震等級2:30%
・耐震等級3:50%

住まいは大事な資産です!!

モデルハウスで、長期優良住宅を詳しく聞こう。

© 2008 Attract One Inc. All rights reserved.