【第158回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜 『新しい時代の家づくりは!?』

別ウィンドウ表示 ハウジングナビゲーター
(住宅建築コーディネーター)

亀岡 章 プロフィール

 5月1日から新しい元号『令和』の時代が始まります。大化から数えて248番目の元号になりますが、家づくりの流れも時代とともに変わっています。
かつては、ハウスメーカーや地元有力ビルダーでマイホームを建てようとする人は、モデルハウスめぐりから始めていましたが、インターネットが普及し情報が瞬時に入手できる現在では、先ずはある程度の住まいの情報を集め、メーカーを2、3社に絞り込み、それからモデルハウスへという流れに変わってきました。
 これからの家づくりはメーカーを絞る前に、先ずは家族で、住まいに何を望むか、どういう暮らしをしたいかなど希望を出し合って、その上で情報を集め整理すれば、どのメーカーが自分たちに合っているか自ずと見えてくるはずです。
次に、絶対に譲れないものから優先順位をつけて、おおまかな予算を把握しておきましょう。メーカーと契約した後に詳細な打合せをすると予算オーバーになりがちなので余裕をもっておきましょう。そして、モデルハウスへ自分たちの家づくりを実現してくれる営業担当者を探しに行きましょう。
 モデルハウスは、ネットではわからない家の雰囲気や内外装の素材感を確かめ、自分たちに合った営業担当者を探す場所です。家づくりは無いものをつくっていく作業です。感性が合う営業担当者に出会えればスムーズに運びます。

これからの家づくりは“資産”として捉えることが大事になります。

長く住み継ぐ住まいを実現するためにも、契約前にアフターサービスやメンテナンス等もしっかりと確認して、長く付き合いのできるメーカーを選んでください。

モデルハウスで探そう!
資産価値のある家を持つために。

© 2008 Attract One Inc. All rights reserved.