【第26回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
環境にやさしい住まいと暮らしについて

ハウジング・ナビゲーター 亀岡 章
プロフィール

自分たちの便利な生活のために、美しい自然を壊してきた人間。
このままいけば、世界中の自然、そこに育まれた文化、人類を含めた動植物の命まで奪ってしまいかねません。 「環境の世紀」といわれる21世紀は、環境の持つ価値を重視し、環境とともに生きることが求められています。 地球を救うには、私たち一人一人が暮らし方を見直して、身近な生活の中で考えていくことが大事です。
環境への負荷を減少させ、資源の消費を削減することにより、持続可能な社会を実現していく為にも、耐久性の高い、省エネルギー性能のすぐれた住まいに暮らしながら、環境にやさしい行動を起こしましょう!

環境にやさしい住宅選びのポイント
  • 健康に配慮された仕様かどうか?(化学物質の数値は?)
  • 再利用やリサイクルは可能ですか?(再資源化率は何割ですか?)
  • 耐用年数は?(保証は何年ありますか?)
  • 省エネ部材・工法ですか?(新省エネ基準ですか?)
  • 現場はきれいですか?(省ごみ配慮していますか?)
  • メンテナンスはいくらかかりますか?(長期維持管理費用は?)
  • アフターサービスは充実していますか?(リフォームしやすいですか?)
いずれにしても、私たち消費者がしっかりとしたライフスタイルを考え、
不要な設計変更やリフォームを減らすことによって環境負荷を
増やさないようにしていくことが一番重要といえるでしょう。

めざせ!1人・1日・1kg Co2削減 ・・・冷暖房の温度調整を1℃控えましょう!