【第52回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
モデルハウスの見方

ハウジング・ナビゲーター 亀岡 章
プロフィール

 長く住み継ぐ住まいを実現する為に、ほとんどの方が、住宅展示場のモデルハウスを見学されると思います。 しかし、「何をどう見たらいいのか・・・。」
  そんな方の為に、モデルハウスのチェックポイントを整理しました。
 それぞれの住宅メーカーが、様々な提案や工夫を盛り込み作りあげたモデルハウス。その素敵な空間を楽しみながら、見るべき所は見て、使えるものは実際に動かして、あなたの家づくり、家選びにしっかり役立てましょう。
  そこで、モデルハウスを見学する時のチェックポイントを上げてみました。ぜひ、活用して下さい。

 
チェック欄
1
建物全体のデザイン、外壁の素材や色を見る。
 ■防水・メンテナンス性も確認する
2
玄関全体の印象・ドアのグレード見る。
 ■防犯・断熱性も確認する。
3
窓の位置・高さ・素材を確かめる。
 ■断熱・防犯・開閉・アミ戸を確認。
4
リビング・ダイニング・キッチンでは動線・開放感・使いやすさを体感する。
 ■換気やニオイは実際の住まいで体感を!!
5
キッチンのレイアウトと設備をチェック。
 ■扉を開け閉めして、自分との相性を確かめる。
6
水廻りは動線と設備の機能性をチェック。
 ■浴室・洗面室・洗濯室・トイレなどは、その位置と動線を
   日々の暮らし方に照らし合わせてチェック。
 ■バリアフリー性を確かめる。
7
寝室や子供部屋の空間提案をチェック。
 ■家具の配置や収納スペース・照明計画などメーカーの設計力をチェック。
8
インテリアコーディネートで提案力をチェック。
 ■冷蔵庫の面材までコーディネートされているか、
   メーカーのコーディネート能力を チェック。
9
仕様は標準かオプションかをチェック。
 ■標準仕様でない場合は、併せて価格もチェック。
10
色の数でインテリアのセンスをチェック。
 ■壁・床・天井や枠材などに何色を使っているかを数えてみる。
   2〜3色程度に色数 を揃えたインテリアほど住む人の好みが活かせます。