【第62回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
地震がおきた瞬間と防災対策

ハウジング・ナビゲーター 亀岡 章
プロフィール

建物が倒壊したらどんな防災グッズも役に立ちません。建物の中にいることが圧倒的に多いのが人間の生活です。日本の場合、地震を前提に考えて安全な建物に住むことが重要になります。
そこで、地震がおきた瞬間のポイントをいくつか挙げます。

地震がおきた瞬間の主な現象
家具が倒れる。
ガラスは割れる。
照明器具(吊り下げタイプ)は落ちる。
火災が起きる・・・・
津波・崖崩れ・地盤沈下・液状化現象
防災対策として
耐震性のある安全な建物の中にいること。
家具が飛ばないようにしておくこと。
普段、いつもどうするかを考えておく。

つまり、何かをするための防災でなく、何もしないための防災
そんな考え方が必要なのかもしれません。

地震に強い建物選びのポイント
  • 建物が建っている地形・地盤は頑丈か
  • 欠陥工事がなく、耐震性能を実現しているか
  • 信頼できる販売業者・施工会社の建物か
  • 住宅性能表示で耐震等級2以上あるか

モデルハウスで安全な建物について話をしましょう!