【第95回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
マイホーム購入を決める4つのキーワード

ハウジング・ナビゲーター 亀岡 章
プロフィール 

人生最大の買物であるマイホーム。昨年は消費税増税を前にしたマイホームの駆け込み購入や東京オリンピック開催決定などで大いに盛り上がった住宅市場。今年は更なる「アベノミクス」の効果が期待される中、購入環境条件が変わるだけで金額が大きく上下します。
今年のマイホーム購入環境を判断する上では、次の4つのキーワードを検証する事が重要になります。
皆さんにとって今年は買い時と言えるか否か・・・。

マイホーム購入を決めるキーワード

市場
長引くデフレ経済で、住宅市場は冷え切っていたが、昨年の 消費税増税決定を受けて需要増。
耐震・断熱に関心が高まり、新築市場変わらず

価格
アベノミクス効果により需要が増大。
人手不足・資材不足・円安により価格上昇
早目に業者との交渉を!!

金利
景気回復を占う今年は、経済市場が完全回復になれば、上昇 する可能性大。ちなみに、年利1%と2%では、3,000万を 35年の元利均等返済で計算すると、月々約1万4700円、 35年で何と金利を617万円も多く支払うようになります。
情報収集をしっかり!!

税制
4月1日消費税増税に対し、住宅ローン減税拡大すまい給付 金の創設等対応策はあるが今一つ。
住宅取得資金贈与の特例(今年で最後)相続税強化(2015年1月実施)に対する対策をマイホーム購入時にうまく活用しましょう!!