【第99回】
〜失敗しない家づくりは入念な準備から〜
平成25年版 高齢社会白書を読んで

ハウジングナビゲーター(住宅建築コーディネーター)
亀岡 章
プロフィール 

先日、「平成25年版高齢社会白書」を読む機会がありました。
白書では高齢化の現状とその要因、将来像をベースに、高齢者と団塊世代のおかれている環境・意識を浮き彫りにし、それに対する国の施策について報告されていました。
白書に書かれているデータを見ると、生活環境等分野においては、「豊かで安定した住生活の確保」として基本的施策が述べられています。私たちの国は、世界でも例を見ない「超高齢化・人口減少社会」がすでに10年前から始まっており、昨年は住宅業界でも人手不足と技能者の高齢化が顕著に現われました。
これからマイホームを考えている皆さん、将来の事も考えて、「使用価値」の高い住まいを実現しましょう!

生活環境分野に係る基本的施策(一部抜粋)
モデルハウスには、高齢化社会に対応した設計や
設備等多く展示してあります。ぜひ参考にしてください。